日本雨水貯溜システム協会とは

近年、都市化の進展に伴い、本来大地が持つ保水、遊水機能は大きく低下し、集中豪雨時の増加した雨水流出量が河川および下水道施設の流下能力を超え、市街地において浸水被害が多発して大きな社会問題となっています。これらの浸水被害を防止するため、政府および地方自治体では雨水流出抑制施設の建設が重要施策の一つとして進められています。

従来より、ボックスカルバートを応用した1000m3以下の小規模な貯留槽の建設は行われてきましたが、1000m3以上の中・大規模の雨水貯溜槽への対応として7種類の部材により構築し、内部が梁・柱構造の「PC雨水貯溜槽アグア」を開発し、平成7年3月に熱海市で第一号を施工したのを機に、平成7年4月に全国の20社により日本雨水貯溜システム協会を設立しました。

その後実績を重ね、平成12年12月財団法人 土木研究センターにおいて建設技術審査証明を取得して技術の優秀性を実証しました。

また、近年は宅地造成等に伴う洪水調整池として「PCaオープン調整池」を開発、コスト削減、工期短縮が図れるなどが認められ、年々実績が増えています。

当協会の取扱い製品である「PC雨水貯溜槽アグア」、「ボックスカルバート型雨水貯溜槽」、「PCaオープン調整池」から、貯留量、現場条件、敷地形状などに合わせて選択して頂けます。

協会データ

協会名 日本雨水貯溜システム協会
所在地 東京都中央区築地1丁目8番2号
TEL 03-3542-1201
FAX 03-3542-1207

アクセスマップ

Google Maps を読み込めません。管理画面で正しい住所が設定されているか確認してください。